お葬式での服装についてのマナー

私は叔父のお葬式で大変失礼な事をしてしまいました。

高校を卒業して社会人として働き始めた19歳のころ

遠方での叔父のお葬式に呼ばれました。

お通夜から伺いたかったのですが、仕事の都合と遠方でということもあり、お葬式会場についたのは、お葬式が始まる1時間ほど前でした。

当時私は礼服も持っておらず、親からしょうがないので入社式用に買ってもらった黒無地のスーツを着てくる用に伝えられました。

いいわけになりますが、社会人になってから実家をでて一人暮らしをしていたので、礼服を買うタイミングがなかったのです。

いや、タイミングというより、礼服の必要性も理解していなかったし、お葬式に呼ばれたその時まで、礼服を買うという発想がなかったのです。

お葬式会場についてから、親戚の小さい子の面倒を見るように頼まれ、スーツに着替えたのは式開始ギリギリでした。

そして、スーツに着替えて式に出席したところ

周りの人が異様な目で私のことを見ているのです。

その時、やはり礼服でなければいけないのかと、痛感しました。

しかし、それだけではなかったのです。

私はスーツの下に着るものは白いシャツというイメージしかなく。

実際、男性は礼服のしたに白いシャツを着ているので、スーツで出席するのであれば、白シャツで問題ないとおもっていました。

しかし、女性の場合は白いシャツではなくスーツの下にも黒い服を着るべきなのだと式がひと段落ついてから親戚の方に言われました。

大事な方のお葬式であったのに、身だしなみを正しくしなかったせいでいろいろと気が散ってしまい、申し訳なく

叔父への最後の挨拶もまともにする事ができなかったのを今でも後悔しています。

何をするにも、気持ちが大事だといいますが

服装がふさわしくなかった為に気持ちを込めることも出来ず、両親や、叔母にも恥ずかしい思いをさせ、とても惨めなお葬式となりました。

未成年だからしょうがないよねと慰めてくれる人もいましたが

なんて格好で来ているんだと小声も聞こえ肩身が狭く

優しく声をかけてくれる方に事情を説明することしかできませんでした。

こんなことをしにお葬式は行ったわけではないのです。

お葬式は、宗派や、土地柄のマナーもあり

ふさわしい格好をするにはそれ相応の準備が必要です。

自分が後悔しないために、大事な人とのお別れを思い出に残す為に、身内に恥をかかせない為に、きちんと準備すべきだと切実に思います

PR|女性向けエステ.com|家計見直しクラブ|サプリメント|お小遣いNET|ショッピングカート|健康マニアによる無病ライフ|生命保険の口コミ.COM|内職 アルバイト|生命保険の選び方|GetMoney|英語上達の秘訣|お家の見直ししま専科|マッサージのリアル口コミ.com|童話|心の童話|オーディオ|